令和2年度アユの友釣り解禁状況(8月6日現在)

 

解禁日

漁協

河川名

釣果

(尾/人・日)

漁獲サイズ

天然遡上の状況

その他

627

三面川鮭産

三面川

平均10尾、いい人で40尾前後。

例年より良い。

1620㎝、主体は17㎝、例年より成長が良い。

例年より早い。量は例年より若干多い。

解禁前日の雨による水温の低下で釣果がよくなかった。

71

大川

大川

多い人で70尾以上。平均2030尾。

1520

量は例年より多い。

時期は例年並み。

解禁日の午後までは渇水が続いていたが、その後増水している。

遊漁者は例年より多い。

勝木川

多い人で50尾くらい。平均2030尾。

1520

71

荒川

荒川

2576

1220

例年より多い。

本流及び女川の釣果。

71

糸魚川

姫川

姫川は、数日前の濁流により白川になって友釣り不可。現在は澄~笹濁り。

早川は、濁水にも関わらず遊漁者が例年並み~少し多い。

海川は、食み跡良好。アユ多い、量型。

早川

濁りがあったが、多い人で30尾。平均20尾。

1620㎝、主体は18㎝。成長が例年より早い。

天然遡上が多く、量は多い。

海川

927

818

 

根知川

7

1518

 

71

加茂川

加茂川

いい人で10尾、例年並み。

1520

例年並み

雨で増水のため、遊漁者は少なめであった。

71

五十嵐川

五十嵐川

327

1620

例年並み

遊漁者多い。

75

阿賀野川

阿賀野川

 

1720㎝。主体は17㎝。成長が例年より早い。

時期は早い。

天候が悪く、雨天が続き状況は悪かったが、魚体は大きい。

新谷川

いい人で半日10尾。

早出川

 

710

魚沼

魚野川

いい人で20尾以上。

510尾くらいの人が多い。湯沢地区で数が出たが、下流までまんべんなく釣果が出た。

例年より多く釣れている。

1218㎝前後、主体は1516㎝。大きいものは20㎝以上。

例年より成長が早い。

時期は早い。

量は例年より多い。

解禁日、上流は遊漁者が多かったが、中~下流は例年並み。

雨が続き水温は低めだった。

710

能生内水面

能生川

いい人で10尾、平均5尾。例年並み。

1618㎝。例年より成長早い。

量は例年より多い。今の時期としては魚多が大きい。

 

710

胎内川

胎内川

平均7尾、渇水にならず例年より多く釣れている。

1013㎝。例年より成長は遅い。

量は例年より多い。

長雨により水量が多い。

水温低め。

711

桑取川

桑取川

いい人で20尾、平均6尾。例年より多い。

1317㎝例年並み。

例年並み、遡上は多い。

遊漁者は例年並み。

711

関川水系

関川

 

 

遡上量は昨年より多い。

長雨が続き、水量が多く、濁りあり。梅雨明けに期待。

711

中魚沼

清津川

釜川

中津川

【清津川】

いい人で25/日平均は5尾。例年より上流から下流まで釣果が確認された。

 

 

【釜川】

いい人で15/日平均8尾。例年並み。

 

 

【中津川】

増水と濁りで釣りできず。

1218㎝。

小雪のため水温上昇が例年より早く成長が早い。

 

1218㎝。

小雪のため水温上昇が例年より早く成長が早い。

 

 

信濃川の濁りが例年より多い

 

 

 

 

遡上は確認できず。

 

 

 

 

遡上は確認できず。

 

 

 

 

解禁前からの降水が続いて増水。

遊漁者は例年並み。

 

 

 

 

 

良ハミあとが確認されているので梅雨明けに期待。